読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【ダウンタウンなう】元女性自衛隊員が告白する自衛隊の裏側!命懸けの任務に出される手当もいろいろ紹介!

5月15日放送の「ダウンタウンなう」にて

 

元女性自衛隊員が自衛隊の裏側&自衛隊の手当について語っていました

 

 

 

f:id:shigotogirai:20150518192420j:plain

 

 

怖すぎて胃潰瘍になる人が続出の訓練の話や意外な自衛隊の手当のことなどを紹介していました

 

危険と比例しない手当の安さにスタジオでは疑問の声が続出でした

 

 

自衛隊の意外な手当の金額

 

 

 

 

・除雪手当 

 

豪雪被害の際に1日中 除雪作業をした場合  1日 450円

 

 

災害派遣手当

 

山や海での遭難者の捜索・救出  1日 1620円

 

大規模災害時の人命救助     1日 3240円

 

 

 

 

 

続いて遠く離れた場所への任務でもらえる手当を紹介

 

 

・小笠原手当  

 

東京から南へ約1000km 小笠原諸島の基地での勤務 1日 300円

 

 

小笠原諸島から約200km離れた硫黄島での任務  1日 1740円

 

 

南極手当

 

海上自衛隊による南極への物資・人員の輸送の任務 1日 1800円

 

 

手当が出てもお金を使う場所がなさそうです(笑)

 

 

 

最後に危険の伴う命懸けの任務の手当を紹介

 

 

・異常圧力内作業等手当

 

 

水難事故などの救助作業。海の中なので常に危険と隣り合わせの任務についた時

 

海上自衛隊のダイバーによる潜水での救助作業 1日 310円

 

 

 

 

・落下傘降下作業手当

 

 

スカイダイビングのような緩いものではありません。着地に失敗すれば命は保証のない危険な訓練

 

陸上自衛隊による上空からの降下訓練  1回 2800円

 

 

・爆発物取扱作業等手当

 

爆発すれば甚大な被害を招く不発弾の処理作業の手当は・・・

 

不発弾の処理作業 1日 750円

 

 

 

基本給とは別と考えても安すぎる気がします

 

続いて元女性自衛官から見た自衛隊の裏話を

 

 

 

・ヘルメットの裏には遺書が貼ってある

 

 

 

せめてお守りがあるものだと思っていましたが遺書とはやっぱり命懸けですね

 

遺書を書いて防水処置をしてヘルメットの裏に貼っていたそうです

 

身元がわからない場合は遺書を見て誰が戦死したかを確認していたそうです

 

 

現在はドックタグが使われているので遺書を貼ることはないとのこと

 

 

 

・怖すぎて胃潰瘍患者が続出する落下傘訓練

 

 

 

レンジャー部隊がパラシュートを使った落下傘訓練をするのですがイメージは

 

「東京タワーの高さから時速200kmの速さから落下する」とのこと

 

 

落下傘が開いても着地に失敗すれば怪我、最悪の場合は死亡する可能性もあるそうです

 

落下傘訓練に引き続き敵が来たことを想定して2週間くらい不眠不休で食べ物も現地調達するというスパルタぶり

 

自衛隊員が胃潰瘍になるとは相当のストレスみたいですね

 

 

 

・2014年に領空侵犯を警戒して航空自衛隊が943回緊急発進していた

 

 

 

航空機を飛ばすのには人員が何人もかかり燃料もかかるので1回あたり1億円は下らないとのことでした

 

1年で1000億くらいは領空侵犯の警戒のために使われてると考えると・・・

 

でも国を守るためには仕方ないのかもしれません

 

何かあった時のために陸海空のすべての自衛隊が対応するとの事でした

 

 

 

 

催涙ガスが充満した部屋でガスマスクをはずす訓練

 

 

 

肌が露出している穴という穴から液体が出てきてしまうそうです

 

ガスマスクをしないとどうなるかを経験させてガスマスクの大切さを覚えさせるそうです

 

そしてガスをより吸い込ませるために歌を歌わせる訓練もあるのだとか

 

ちなみにかえるの歌を合唱したみたいですよ(笑)

 

 

 

 

・任務で1番辛いのは災害派遣

 

 

 

訓練した自衛官でも実際に崩壊した建物や人が死亡しているのを目の当たりにするとメンタルはやられてしまうそうです

 

 

助けを求められても任務で行動しているので自分たちの任務とは違えば助けることができないの事も・・・

 

 

現地に行った人間はもちろん助けに行きたいのに行けなかった辛さもあるのだとか

 

こればかりは訓練で鍛えようがない辛い部分ですね

 

 

 

 

女性自衛隊員の理想の結婚相手は男性自衛隊

 

 

 

命の危険があるから男性自衛隊員は避けそうだと思ったんですが逆でした

 

自衛隊に入隊すると「しつけ」ということでアイロン・靴磨き・洗濯など男性でも家事は完璧にこなせるようになるそうです

 

結婚すれば家事の分担もスムーズでいい旦那になるのだとか

 

 

 

 

 

自衛隊の手当の値段の安さは危険と隣り合わせなのを考えると驚きでした

 

女性だからといって訓練が甘くなることがない事など初めて知ることばかりでしたね

 

国を守るには生半可な気持ちでは務まらないんだなぁー