読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【この差って何ですか?】市販のカレールー&食材もミシュランシェフが作れば絶品和風カレーに!「ナスと柿の和風カレー」で普段のカレーに変化を!

12月13日に放送の「この差って何ですか?」にて

 

 

市販のカレールーと食材で作れるミシュランシェフ考案レシピ「ナスと柿の和風カレー」を紹介していました

 

f:id:shigotogirai:20151220120349j:plain

 

 

大人も子供も大好きなカレーですが、家で作るカレーはいつも同じ味で食べ飽きていませんか?

 

 

 

そこで番組ではミシュラン2つ星を獲得した和食のプロが「ナスと柿の和風カレー」を紹介していました。カツオと肉のうま味がたっぷりなカレーは芸能人たちも大絶賛!

 

 

市販されている固形のカレーのルー、スーパーで販売されている食材でもプロの料理人が作れば絶品の味に!!

 

 

 

一方で中華のプロ料理人が考える中華風のあんかけカレーも番組では紹介していました

 

 

medianotoriko.hatenablog.com

 

 

 

 

 

【レシピ  4人分】

 

 

 

 

 

 

 

 

・玉ねぎ 大2個

 

・合いびき肉  600g

 

・だししょうゆ  1.3リットル

 

・バーモンドカレー中辛  57g

 

 

 

 

 

【具】

 

 

・ナス  8本

 

・ごま油  適量

 

・醤油   適量

 

 

 

 

 

【トッピング】

 

 

・柿  1個

 

・長ネギ 1/3本

 

・ごま油  適量

 

・和風あん 適量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【和食カレーの下ごしらえ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは玉ねぎをさいの目に切って鍋で飴色になるまで炒めていきます

 

 

そして牛と豚の合い挽き肉を鍋に入れて臭みを消してうま味を引き出すために日本酒を入れて炒めていきます。その炒めた挽肉はフードプロセッサーを使ってすり潰してペースト状にするんです

 

 

 

ペースト状にした挽肉は炒めた玉ねぎと混ぜます。これは和食の田楽味噌のテクニックでカレーに応用したとのことでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【和食カレーの煮込み方】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挽肉のペーストと玉ねぎが馴染んだらカツオだしを入れます。カツオだしは醤油、みりんを混ぜてから鍋の中

 

 

 

そしてカレーのルーを入れるのですが挽肉のペーストとカツオだしの濃厚なうま味があるのでルーは通常の半量で良いそうです。カツオだしとの相性の良いマイルドなカレールーの「ハウス バーモンドカレー」がお勧めとのことでした

 

 

 

 

 

 

続いてナスを炒めます、皮をむきさいの目に切ったらごま油で炒めていきましょう。ごま油でさらに和風の味と香りが追加されるんですね。炒めたら醤油を絡めてからカレーの中へ投入しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【和食カレーの盛り付け】

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にカレーの盛りつけです。ご飯はスーパーで販売しているスティックタイプの麦を加えた麦ご飯を使用します

 

 

 

そして和のフルーツの柿をトッピング。柿の甘味がカレーの辛い香辛料とマッチングさせたら完成です。ごま油と柿を混ぜてネギと一緒にトースターで焼いてトッピングしましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【まとめ&芸能人の感想】

 

 

 

 

 

 

 

 

普段のカレーが絶品和風カレーに!「ナスと柿の和風カレー」の作り方でした

 

 

スタジオの芸能人たちがカレーを食べた感想は「美味しい!出汁の味がしっかりとしてる」「肉の風味が残ってる」「カツオだしと肉が合っていて優しい味」と大絶賛でした

 

 

普段のカレーが絶品の和風カレーになる今回のミシュランシェフが考案のレシピをぜひお試しくださいね!