読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

ブログに載せた写真に写っていた人から訴えられてしまうトラブル

してみるテレビ 教訓のススメ

2015年3月6日放送のテレビ朝日「してみるテレビ 教訓のススメ」(毎週金曜19:57〜)にて


ブログに写真をのせた時の突然のお金のトラブルについて放送してました






高校時代の友人2人と久しぶりの食事をしていたA子さん


「せっかくだから写真を撮っていい?」と友人2人の写真を撮影


撮った写真を自分のブログにアップして公開することに





それから1週間が経ったある日A子さんが自分のブログを見てみると


「貴方のせいで精神的苦痛を受けました。プライバシーの侵害で訴えます」とのコメントが・・・


以前に友人との食事会を撮った写真に独り寂しく食事をする女性が写ってしまっていたのです


その写真を見た第三者がネットのいたるところに写真を転載


写真を見たネットユーザーからおびただしい数の誹謗中傷のコメントが書かれてしまっていました・・・


「恥ずかしくて会社にもいけなくなりました。賠償金を払ってください」とのコメントに


馬鹿にしたくてわざと写真を載せたわけではないとA子さんは反論




A子さんがたまたま撮った写真に写りこんでしまった人からの賠償請求されたこのケース





? 賠償金を支払わなくてはならない



? 賠償金を支払わなくても良い



果たしてどちらなのでしょうか?




人の写真にわざと写って賠償金を要求する当たり屋のような人がでてくる!?









? 支払わなくてはならないと考えるダウンタウン松本と玉木宏の意見



玉木  「たまたま写りこんでしまったのかもしれないけれど、バレたくない理由があるかもしれないし・・・」


松本  「これは僕の希望的な意見なんだけれども・・・わざと俺を写そうとされたりするんですよ」


     「海外とかでわざと俺の前に子供を遊ばせたりして写りこませようと・・・だから答えを?にしたいんですよ」







? 支払わなくてもよいと考えるホラン千秋アンジャッシュ児島の意見



ホラン  「私も1人で寂しくお祝いしたりとかはあるんで、玉木さんのいうバレたくなって気持ちもわかるんですが」


     「本当にバレたくないんだったら家でやればいいと思うんですよ」


児島  「ブログでお金を儲けてるわけではなくプライベートで遊びでやってるだけだからお金は取れないと思う」


     「そんなこと言い出したらわざと写真に写り込む当たり屋みたいなのがでてくる」







誰もがスマホやデジカメで写真をそこらじゅうで撮るようになった今、どこで誰に撮影されてもおかしくないですよね


写真くらいなら良いのですがニコ生などリアルタイム配信をしてる人は困りものです


やはり自分も写真を撮ったり配信したりする人がいると少し警戒しますね


一般人の自分ですら嫌なのだから芸能人の皆さんはこの問題は相当頭を悩ませてるようでした





今回のケースで賠償金を取られるならアンジャッシュの児島が言うようにわざと写り込む人がでてくるかもしれません


写真に写りこんでしまった場合に写真を削除するように要望できて、それでも削除してもらわなければ賠償金がいいかも


さて気になる答えは・・・・








相手の了解なくプライベート情報を公開するのは肖像権の侵害







誰でも自分の写真を勝手に撮られたりネットに公開されたくないわけです


このことはプライバシー権として保護されています


今回のケースでは相手の方の了解を得てないので肖像権の侵害となり


賠償金を請求されれば? 支払わなくてはいけない になります


賠償金の額としては数万円程度だと考えられるそう







ただ弁護士の方が言うには必ず損害金を認めるわけではないそう


理由としては


・故意に写真を掲載していない


・第三者が転載し誹謗中傷の原因となった


という事情からブログに写真を載せたA子さんに全ての責任を負わせるのはどうかと考える裁判官もいるそうです








芸能雑誌が芸能人を勝手に撮影しているはいいのか?






肖像権の侵害で勝手に写真を撮ってブログに載せたら賠償金を支払う可能性が高い


その答えを聞いたアンジャッシュの児島が



児島   「芸能人が週刊誌で勝手に撮られて雑誌に載ってるじゃないですか?あれはいいんですか」と質問





確かに芸能人でも勝手に写真を撮ったら肖像権の侵害になりそうです


ダウンタウンの松本も 「あれは盗撮やもんなー」と児島に共感





その答えは弁護士の先生いわく


週刊誌と本気でやり合えば勝てる可能性は高いとの返答がありました




以前にダウンタウンの松本がビデオ屋の監視カメラの写真を週刊誌に載せられて訴えてましたね


あれは当然ですが松本側が勝訴してました。芸能人も裁判を起こせば勝てる確率は高そうです


なぜ芸能人は訴えないのかはテレビでは説明してませんでした。結構気になると思うんですけどね


やはり裁判はめんどくさかったり、裁判にすることで余計に雑誌の事が知れ渡ってしまうのが嫌なのでしょうか?


有名税と諦めてるだけかもしれませんね







今回のケースで肖像権の侵害という正論を今後使えるように自分はなったのはよかったです


やはり知らない人の写真にはいるのは嫌ですからね