読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【この差って何ですか?】広島流の絶品カキフライの作り方!「カキは3つ同時に広島菜で包んで揚げる」「らっきょうを使ったタルタルソース」など

1月17日に放送の「この差って何ですか?」にて

 

日本一のカキの産地の広島流のカキフライ&タルタルソースのつくり方を紹介していました

 

f:id:shigotogirai:20160121115650j:plain

 

 

日本一の産地の人はその食材を食べている回数が多いため、食材のおいしい食べ方を知っているはず・・・ということで番組では日本一の産地ならではの調理方法を紹介していました

今回のテーマは「カキフライ」目からウロコのカキフライの調理方法はさすが日本一の産地だけあるなぁーというものでした

 

 

【日本一の産地で作るカキフライは贅沢なカキの使い方だった!】

 

 

 

 

日本一のカキの産地といえば広島県、広島のカキフライは驚くほど変わったカキフライの作り方をしていました

 

まず普通のカキフライの作り方をご説明します

カキを水で洗い水気を取ったら小麦粉と卵、パン粉をつけて180℃の油で約2分揚げれるというもの

これ以外に作り方なんてあるのかと思ってしまいますが広島のカキフライの作り方はよりカキをジューシーにする工夫がありました

 

 

 

【日本一の産地 広島のカキフライの作り方】

 

 

 

カキを洗って水気を取るところまでは一般的なカキフライの作り方と一緒なのですが、広島のカキフライはカキを3つまとめて揚げるんです!!その理由は油に触れる面積を減らすことによりカキフライのジューシーな部分を多くするためとのこと

 

カキを1つだけ油で揚げるとカキ全体が油に触れるためジューシーな部分が少なくなってしまいます。そこで3つまとめて揚げると油に触れない部分が多くなりジューシーな部分が増えてより美味しく食べれることが出来るんですね

 

 

 

 

 

【広島のカキフライを作るのに必要な「広島菜」とは?】

 

 

 

 

3つ同時にカキを揚げる広島のカキフライ、油の中でバラバラになってしまいそうですがそこには日本一のカキの産地である広島ならではの工夫がありました

 

その工夫とは「広島菜」と呼ばれる広島で栽培されている白菜の一種を使うこと

 

f:id:shigotogirai:20160121113134j:plain

http://www.nekoshima.jp/SHOP/19051.html

 

 

3つにまとめたカキがバラバラにならないように広島菜の葉でくるんで揚げるのが広島のカキフライを作るポイントになります

そして広島菜はカキがバラバラになるのを防ぐだけではありません!広島菜が油を止めるので余分な油がカキの方にいかないという役割もするとのことでした

広島菜がない時には小松菜やチンゲン菜でも代用できるそうですよ

 

広島菜で包んだカキを小麦粉・卵・パン粉をつけて180℃の油で約5分ほど揚げたら日本一のカキの産地の広島流カキフライの完成です

 

 

 

・【広島流カキフライにぴったりなタルタルソースも紹介】

 

 

 

カキフライには一般的にはタルタルソースをつけて食べますがタルタルソースにも日本一のカキの産地である広島流のこだわりがありました

 

一般的なタルタルソースの作り方はゆで卵とピクルスをみじん切りにしてマヨネーズと混ぜたら完成なのですが、広島流のタルタルソースはピクルスの代わりにらっきょうを使うんです

 

らっきょうの甘酢とカキフライがぴったりとのこと、口がさっぱりしてカキフライの油が取れる感じと番組では説明していました。卵1つに4個のらっきょうが目安だそうです

 

 

 

 

【まとめ&広島流カキフライを食べた芸能人の感想】

 

 

 

 

広島流のカキフライ&タルタルソースの作り方でした

カキを広島菜でまとめて揚げるカキフライの作り方は広島では広く知れ渡っているとのことで親から代々受け継いでいるそうです、それにしても3つ一緒に揚げて食べるなんて贅沢ですね~

 

実食した芸能人たちの感想は

 

「こんなに瑞々しいのは家ではできないです」

「中がとってもジューシー」

「タルタルソースの影響で爽やか」

 

とのことでした

 

カキを広島菜で3つも包んだジューシーなカキフライをらっきょうを使ったさっぱりしたタルタルソースで頂く・・・想像しただけでもヨダレが出てしまいますね(笑)

美味しい広島流のカキフライをぜひご自宅でお試し下さい!