読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【この差って何ですか?】ホタテの有名産地ではホタテのバター焼きに「ホタテのたまご」「塩ウニ」を利用!芸能人たちも大絶賛のその味とは?

1月24日に放送の「この差って何ですか?」にて

 

 ホタテのバター焼きを美味しく作る秘訣「ホタテのたまご」「塩ウニ」を利用した調理方法を紹介していました

 

f:id:shigotogirai:20160131083440j:plain

 

日本でも有数のホタテの産地である青森県平内町ではホタテを食べる機会が多いので美味しいホタテの調理方法を知っているはず!

番組では青森県平内町でホタテを使った人気料理「ホタテのバター焼き」の作り方を調査していました

一般的な作り方とは大きな差がありホタテを最高に堪能できる秘訣、「ホタテのたまご」「塩ウニ」を使った調理方法を番組では詳しく紹介していました

 

 

 【ホタテのバター焼きを美味しくするには「ホタテのたまご&塩ウニ」】

 

 

 

一般的なホタテのバター焼きの作り方は

・フライパンでバターを溶かす

・ホタテの貝柱に軽く火を通す

・醤油で味付けをする

といったもの、かなり簡単なものですよね

 

一方の日本有数のホタテの産地である青森県平内町のホタテのバター焼きの作り方はまずは用意するホタテから違います

一般的には貝柱を買ってきますが有名産地である青森県平内町では家庭でホタテを料理するときには殻つきのホタテを購入するのが当然のようです

この殻つきのホタテを用意することがホタテのバター焼きを美味しくするポイントがありました

 

 

・【殻つきのホタテを購入すると「ホタテのたまご」がついてくる】

 

 

殻から貝柱を取り出し貝柱を水で洗ってバターを溶かしたフライパンに入れて軽く火を通すまでは一緒なのですがここからが大きく差が出ました

殻つきのホタテを購入することでついてくる「ホタテのたまご」と呼ばれるホタテの生殖器を利用するんです!

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

http://kateiryouri-otaru.seesaa.net/article/248339622.html

 

オスは白色、メスは赤色のそれぞれ「ホタテのたまご」があるのですが殻つきで購入する青森県平内町ではこの「ホタテのたまご」を料理に利用していました

ホタテのたまごをフードプロセッサーで細かくしてホタテの生臭さを消すためにマヨネーズを少し入れればオリジナルソースになるんです!

 

 

・【産地ならではの味付け!塩ウニでさらに美味しく】

 

 

オリジナルソースがホタテの日本有数の産地である青森県平内町で作られるバター焼きの秘訣だと思いきや、さらに秘密兵器である「塩ウニ」を利用していました

 

青森県産 塩うに 60g入 無添加 ノンアルコール商品
阿部商店
売り上げランキング: 63,480

塩ウニとはウニを塩漬けした青森の特産品、普通にウニよりも塩っ辛さがあり塩ウニを使うと格段にホタテが美味しくなるそうです

もしも塩ウニがない場合はウニに醤油をかければ代用ができるそうですよ

 

オリジナルソースを貝柱の上にかけて、更に塩ウニをのせて塩気を足したら「青森・平内流のホタテのバター焼き」の完成です!!

 

 

 

【まとめ&芸能人が実食した感想】

 

 

 

ホタテの日本有数の産地で作られる「青森・平内流のホタテのバター焼き」の秘訣は殻つきのホタテを購入してホタテのたまごを使ってのオリジナルソース、青森県の特産物の塩ウニで味付けをするといったものでした

 

スタジオで実食した芸能人の感想は

「いつも食べているバター焼きと全然違う 、高級なお店のソースみたい」

「まろやかさがすごい」

「マヨネーズ感がそこまでなく、酸味だけがちょっと残っていてウニの邪魔をしていない」

といったものでした

 

全国のスーパーでもホタテを殻つきで購入すれば「ホタテのたまご」を味わうことができるのでホタテはぜひ殻つきのものを購入しましょう