読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【この差って何ですか?】寒い時期にオシッコをすると男性は震えて女性が震えない理由は体の構造の差ではなくオシッコの仕方に関係があった!

1月24日に放送の「この差って何ですか?」にて

 

寒い時期にオシッコをした時に男性は震えて女性は震えないのには体の構造ではなくオシッコの仕方の差という事実を紹介していました

 

f:id:shigotogirai:20160202102817j:plain

 

寒い冬の時期になると多くの男性が経験するのが「オシッコをした後に体がブルっと震えてしまう」という現象

一方で女性は「オシッコをした後に体が震えたことがない」という方がほとんどなんです

冬にオシッコをした後に男性は震えて女性は震えない・・・その理由が男女の体の構造の違いではなく意外な理由がありました

 

 

【オシッコの時に男性が震えて女性が震えない理由】

 

 

 

番組MCの加藤浩次は冬の寒い時期にオシッコをした後には人間全員が震えるものだと思っていたので、女性が寒くてもオシッコの後に震えないという事実に驚愕していました

逆に女性は男性が震えるというのを知りませんでした。男女でお互いに震える、震えないという事実を知らないので今回の事実は驚きますよね~

男性が震えて女性が震えない理由というのは、男女の体の構造の違いではなくオシッコの仕方によって差が出ていたんです

 

冬の寒い時期にオシッコをした時に男性が震えて女性が震えないのは「オシッコをする時にお尻を出しているか出していないか」の差でした

 

 

 

【寒い時に起こる「シバリング」とは?】

 

 

 

寒い所では体がブルブルと震えることがありますが、この震える現象を「シバリング」というそうです

筋肉を細かく動かして体温を上げるための反応で凍えている時に体を温めようとしているんですね

シバリングは体温が急激に下がった時に起きる反応なのですが、男性がオシッコの後に震えやすいのには男性のオシッコの仕方に理由がありました

 

 

男性がオシッコをした時に「シバリング」で震えるのはオシッコをする時に大事な部分だけを出しているから

寒い外気にさらされるのでその部分だけ温度が下がります。オシッコは体の中にあるので37℃の温度があるのですが

37℃のオシッコが通ると大事な部分は温められて表面温度は上がるのですが、オシッコが終わると冷たい外気にさらされるので急激に表面温度が下がります

この急激な温度変化によって男性はオシッコをした後に震えてしまうんですね

 

 

一方でお尻を出してオシッコをする女性は広範囲で表面温度が冷えます

男性と一緒でオシッコをすれば大事な部分は温まるのですが、お尻の部分の表面積の方がはるかに大きいので大事な部分の温度もあまり上がらないんです

急激な温度変化が起きないためシバリングが起きず体が震えることもないんですね

つまり男性も座ってオシッコをすれば外気に触れる面積が大きくなるので女性と同様に震えなくなるんです

 

 

 

【まとめ】

 

 

 

冬の寒い時期にオシッコをした時に男性は震えて女性が震えないのは、寒い外気に触れる面積が男性は少なく急激な温度差によってシバリングが起きてしまうからというものでした

男性は女性も震えるし、女性は男性も震えないものと多くの人が思っているので今回の雑学は驚いた方が多そうですね

震えるのが嫌な人は女性のように座ってオシッコをしましょう