読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【ハナタカ優越館】新商品の多くが静岡県でテスト販売されている!静岡が日本の縮図と呼ばれ新商品の発祥地となる理由とは?

日本人の3割しか知らないこと

2月28日に放送の「ハナタカ!優越館 日本人の3割しか知らないこと」にて

流行の発祥地は静岡県!?新商品の多くが静岡県でテスト販売されて全国に広がる理由について紹介していました

f:id:shigotogirai:20160229113617j:plain

日本の流行の発信地といえば東京!!ではなかった事実

新商品は最初に発売されるのは実は「静岡県」だったのです

どうして新商品を静岡県で販売するのか?知れば納得の新商品の発祥地の静岡県について番組では詳しく解説していました

 【静岡県で新商品を試すのはあらゆる面で平均だから】

 

 

静岡県では新商品をテストマーケティングする企業が多いそうです

なぜ静岡県で試すのか?実は静岡県はありとあらゆる面でテスト販売をするのにピッタリな県なんです

 

テスト販売には市場の大きさが非常に大切になります。人口が少なすぎるとサンプルにならないし逆に人口が多すぎるとコストがかかってしまいます

中都市の静岡の人口はテストに最適

さらに日本の真ん中に位置する静岡は日本の縮図と言われるくらいいろんな面で全国平均とのこと

年代や職業の構成比率、物価や生活費などもほぼ全国平均なので偏りのないデータがとりやすいそうです

静岡の反応を見て商品を改良したり売れ行きが悪ければ全国での販売を中止することもあるとのことでした

 

静岡県の人にこの事実を伝えると「日本の味を決めているのは静岡」とハナタカの人もいますが「マズイものはやめてほし、静岡人で試している感がある」という意見もありました

 

ちなみに人口の規模が近い札幌や広島、福岡などでもテスト販売を行うことが多いとのことでした

 

 

【まとめ】

 

 

静岡県で最初に新商品がテスト販売されているという事実を知っているのは日本人の25%でした

全国に広まる前に消えていく商品もあるのでコレクターは静岡県に行って買ったりする商品もあるそうですよ

新商品の多くが静岡県民に認められたものと考えると流行の発祥地は静岡県といっても過言ではないんですね