読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【林先生が驚く初耳学】香水の匂いがキツい・・・そうならないための正しい香水の使い方!林先生が解説する香料に合わせた香水の3パターンの付け方

2月21日に放送の「林先生が驚く初耳学」にて

林先生が香水がキツくならないようにする使い方について紹介していました

f:id:shigotogirai:20160306013254j:plain

女性はもちろん男性でも使う人が多い香水

香水についての悩みと言えば匂いがきつくなり過ぎてしまうこと。自分でも気づかないうちに匂いがきつくなっているかも?と感じている人もいるのでは?

そこで番組では林先生がキツくならない香水の使い方について解説していました

香水の種類によっての正しい知識と使い方を学んで自分も周りも心地よい香水を楽しめる使い方をするようにしましょう

【香水は4つに分類されて付け方は3つに分けられる】

 

 

香水は大きく分けて4つに分類することができます

林先生は「世の中には香水が臭くて迷惑をかける方がたくさんいますよね?一個一個ちゃんとわかって使い分ければあんな事はない」と言い切ってそれぞれの正しい知識と使い方を紹介していました

 

香水の種類は賦香率(ふこうりつ)によって分けられます。賦香率とはアルコールに溶かした香料の割合です

香水は以下のように大きく4つに分けられます

パルファム(香水)  香料 15~30% 持続時間 5~7時間

オーデパルファム   香料  10~15% 持続時間 5時間

オーデトワレ     香料  5~10% 持続時間 3~4時間

オーデコロン     香料  3~5%  持続時間 1~2時間

 

香水は香料の割合によって持続時間の目安があります。そのため香水の付け方は大きく分けて3パターンに分けられます

香水の正しい使い分けは香料の割合と持続時間を考えて正しいつけ方をすることが重要なんですね

 

一番香料の割合は強いパルファム(香水)は点、オーデパルファム・オーデトワレは線、オーデコロンは面で付けるのが理想となります

香水を首や手首につけて伸ばすようにするのが一般的に知れ渡っている香水のつけ方ですがそれぞれの香料の割合によって点⇒線⇒面のように付けるのが理想です

ほんの少しつけて伸ばさない「点」

線を引くようにこすりつけて伸ばす「線」

シャワーのように体に振りまく「面」

香水の香料の割合を考えてしっかりと使い分けましょう

 

 

【まとめ】

 

 

香水は香料によって大きく4つに分けられてそれぞれの持続時間によって付け方が点、線、面で分けることで匂いがキツくならないという情報でした

香料がそれぞれ違う事も知らなかったので非常に参考になりました

多くの人が香水をつけてこすって伸ばせば良いと勘違いしているので香水の匂いがきつい人にはぜひ教えてあげたいよい雑学ですね