読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【林先生が驚く初耳学】女性に人気のルイボスティーのティーバッグにはなぜ糸がついていないの?ルイボスティーの成分と深い関係が!

林先生が驚く初耳学

2月21日に放送の「林先生が驚く初耳学」にて

人気のルイボスティーのティーバッグにはどうして糸がついていないのか?糸があると逆に損をしているという情報について紹介していました

f:id:shigotogirai:20160306130154j:plain

伊藤園 ヘルシー ルイボスティー ティーバッグ 15袋
伊藤園
売り上げランキング: 1,935
ポリフェノールが豊富で活性酸素の除去に役立つとされ特にエイジングケアに効果があると期待されています
そんなルイボスティーのティーバッグには緑茶や紅茶とは徹底的に違う点があります。それはルイボスティーのティーバッグに糸がついていないんです
逆に糸がついていると損になるとのこと、通常のティーバッグでは必ず付いている糸がルイボスティーにあるとなぜ損になってしまうのか?
そこにはルイボスティーのエイジングケア効果と大きく関係がありました。林先生がルイボスティーとティーバッグの糸がついていない事の関係を詳しく解説していました

 【ルイボスティーのティーバッグに糸がついていると損!?】

 

 

林先生はまずどうして一般的なティーバッグに糸が付いているのか?という部分から説明していました

普通の紅茶を作るときにティーバッグをずっと入れておいたら濃くなってしまい渋く苦くなってしまいます

渋くなる理由はお茶などに含まれる渋み成分の「タンニン」が入っているからです

しかしルイボスティーにはタンニンが非常に少ないために急いで引き出す必要性はありません

 

急いで引き出す必要性がないルイボスティーですがティーバッグに糸がついていると損になってしまうというのはなぜなのか?

それにはルイボスティーの人気の理由であるポリフェノールが深く関係しています

ポリフェノールは抗酸化作用をもちエイジングケア効果が期待できる天然植物成分ですが、抽出すればするほど成分がでます

渋みのタンニンが少なく急いで取り出さなくてもよく、ポリフェノールをたくさん抽出するにはじっくりと時間をかけたほうが良いのでルイボスティーのティーバッグを取り出す必要がないとのことでした

 

広島工業大学が行った研究結果によるとルイボスティー500mlのポリフェノールの抽出量は5分間で125mgに対して20分間だと244mgと約2倍になったそうです

これほど差がでるのですからルイボスティーはじっくりと時間をかけてポリフェノールをたっぷりと抽出するのが良いですよね

 

 

【まとめ】

 

 

女性に人気の美食品のルイボスティーのティーバッグには糸がついていない理由、それはじっくりと時間をかけても苦味や渋みがなくポリフェノールを抽出できて効果がでるためという雑学でした

取り出す必要がないというティーバッグなんですね

お茶や紅茶がすぐに苦く渋みが出てしまうのでルイボスティーもすぐに取り出さなければならないと思いがちですが、正しい知識を持つことができました