読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【この差って何ですか?】アルコールを早く抜く方法!牛乳、シジミの味噌汁、トマトジュースのどれが1番効果がある?

2016年3月13日に放送の「この差って何ですか?」にて

お酒を飲んだ後に1番早くアルコールが抜けるのは「シジミの味噌汁」「トマトジュース」「牛乳」のどれか?について紹介していました

f:id:shigotogirai:20160322202114j:plain

翌日までお酒が残ってしまうのは辛いですよね~、そこで番組ではお酒を飲んだ後にアルコールを早く抜ける方法について実験をしていました

実験するのは酔いが覚めるとして有名なトマト、牛乳、シジミの味噌汁の3つです

トマトに含まれる成分のリコピンがアルコールの分解を促進すると言われる「お酒を飲んだ後にトマトジュース」

シジミに含まれるオルニチンが肝臓の働きを活性化をさせると言われている「お酒を飲んだ後にシジミの味噌汁」

飲むと胃の中に膜ができてアルコールの吸収を抑えてくれると言われている「お酒を飲む前に牛乳」

一体どれが酔いを素早く抜くことが出来るのか?理由も含めて番組では詳しく解説していました

 【お酒が1番早く抜けるのはどれ?接戦を制したのは・・・】

 

 

アルコールを分解する早さは年齢、性別によって異なります。そのため20~40代の男女に実験には協力してもらっていました

ビール500mlを飲んでもらった後にシジミの味噌汁とトマトジュースを飲み、牛乳はビールを飲む前に飲んでもらいます。3つの方法を1日づつ3日間かけて実験しました

医者の立会いの元でアルコール測定器で15分おきに体内のアルコール濃度を測定し、6人の平均値でどの方法が1番効くのかを確認していました

 

 

呼気のアルコール濃度が0.05以下になるとほとんどアルコールが抜けたと言えるそうです

ビールを飲んだ時のアルコール濃度は0.35で何もしないでアルコールが抜けたのは3時間15分後でした。この時間を参考にして3つの方法でどれだけ早くアルコールを抜くことが出来るのか?気になる結果はこちらです!

 

1位 2時間 シジミの味噌汁

2位 2時間15分 トマトジュース

3位 2時間30分 牛乳

 

僅差ながらシジミの味噌汁が1番早くアルコールを抜くことが出来るという結果になりました。何もしなかった時よりも1時間15分も早くアルコールが抜けるとは効果は絶大ですね

 

 

・【アルコールを抜くのには味噌汁が効果的!】

 

1番早くアルコールが抜けたシジミの味噌汁、その理由はシジミの味噌汁に含まれる塩分にあります

アルコールを飲むと血管の中の水分が血管の外に逃げてしまい、血管の中のアルコールが濃くなってしまうので血中濃度が上がってしまいます

そこでシジミの味噌汁を飲むと塩分が多いため血液の塩分濃度が高まり血管の外に出ていった水分を血管内に戻してくれるためアルコールが早く抜けるのです

 

シジミの成分は肝臓を良くする働きを持っているのですが、実は肝臓を良くするには1回に3500個ぐらいのシジミを摂らないといけないそうです。というわけでシジミ自体の力は期待できないんですね

そのためシジミに限らずに塩分と水分を摂取できる味噌汁なら何でもアルコールを抜く効果があるとのことでした

 

 

【まとめ】

 

 

アルコールを早く抜くには塩分と水分を摂取できる味噌汁が最適という情報でした

1番良いのは飲酒の前に牛乳を飲んで飲酒後に味噌汁を飲むことになるんですかね?

翌日にお酒を残したくない人はぜひ今回の情報を活かしてくださいね