読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【この差って何ですか?】ウインナーをパリッとジューシーに茹でる方法!シャウエッセンで有名な日本ハムが推薦の茹で方

2016年3月20日に放送の「この差って何ですか?」にて

ウインナーをパリッとジューシーに茹でる方法を「シャウエッセン」で有名な日本ハムが紹介していました

f:id:shigotogirai:20160327113555j:plain

何気なく普段使っている方法が実は間違った使い方かもしれない?

そこで番組ではその商品を製造しているメーカーに差がつく商品の使い方をアドバイスしてもらっていました

今回はウインナーで有名なシャウエッセンを製造している日本ハムがパリッとジューシーな食感にウインナーを茹でる方法を紹介していました

一般的な茹で方と日本ハムが推薦する茹で方ではどのような違いがあり味にどのような差が出るのかを番組では解説していました

 【シャウエッセンを製造している日本ハムが推薦するウインナーの茹で方】

 

ウインナーをジューシーに茹でる方法を教えてくれるのはハムやウインナーでお馴染みの日本ハム

発売から30年以上のロングセラー商品である「シャウエッセン」は誰もが食べたことのある人気商品ですよね

そんな人気商品を作り続けている日本ハムがお勧めのウインナーの茹で方について紹介していました

 

一般的にウインナーのゆで方は鍋を強火で温めでお湯を沸騰させたらウインナーを入れて7~8分ほど茹でたら取り出すというもの

一方で日本ハムの方がお勧めする差がつくウインナーを茹で方はある方法でウインナーをジューシーに茹でていました

お湯を沸騰させるまでは一緒なのですが沸騰したら火を極力弱めにするのです

グツグツと沸騰している状態が収まったらウインナーを入れて熱いお湯に3分ほどつけたら取り出して完成です

沸騰したお湯で茹でるというより熱いお湯に浸しておいたという感じでした

 

一般的のウインナーの茹で方と日本ハムが推薦する方法で茹でたウインナーの食べ比べをしたのですが、その差は一口目で大きく差があるとわかります

日本ハムの推薦の方法でつくたウインナーはかじった瞬間にCMのようにパチンっと音がなり皮が弾けるとともに肉汁が飛び出したのです

外は皮が弾けるほどパリパリで中はジューシーなウインナーになっていました

 

・【弱火でウインナーを茹でると美味しくなる理由】

 

 

沸騰させたままではなく弱火で茹でたことにより美味しくなったウインナー、なぜ味にここまでの差が付いたのかは次のように解説されていました

ブクブクと沸騰したお湯でウインナーを茹でると脂や旨味が逃げ出したり皮が破れることがあります

中までしっかりと火を通して美味しい状態でいただくには弱火で3分間だけ茹でるだけで良いとのことでした

 

 

【まとめ】

 

 

昔から愛されるウインナー「シャウエッセン」を製造している日本ハムが直伝してくれたウインナーを美味しく茹でる方法は弱火で3分間茹でるというものでした

強火で茹でたほうがパリッと美味しくなりそうですが弱火でじっくりと火を通すのがよいのですね

ウインナーを茹でる時には今回の雑学をぜひお試し下さい

 

日本ハム シャウエッセン 2袋束
日本ハム
売り上げランキング: 172,853