読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【この差って何ですか?】インスタントラーメンでも生麺のような食感を楽しむ茹で方とは?マルちゃん正麺の製造元である東洋水産が紹介!

2016年3月20日に放送の「この差って何ですか?」にて

マルちゃん正麺の生麺のような食感を楽しめるインスタントラーメンを美味しく茹でる方法を製造元である東洋水産が紹介していました

f:id:shigotogirai:20160327122506j:plain

何気なく普段使っている方法が実は間違った使い方かもしれない?

そこで番組ではその商品を製造しているメーカーに差がつく商品の使い方をアドバイスしてもらっていました

今回は「マルちゃん正麺をより生麺のようなツルツルとした食感にする方法」をマルちゃん正麺の製造元である東洋水産が紹介していました

一般的に作った方法と東洋水産がお勧めする方法では大きな差があったんですがその差と理由について番組では詳しく紹介していました

【袋麺を美味しく作る方法を東洋水産がアドバイス!】

 

 

本格的な生麺のような食感が味わえるということで発売から約4年で10億食を突破している人気商品「マルちゃん正麺」をより生麺のようにする方法を製造元の東洋水産が紹介していました

 

一般的な作り方といえば水を沸騰させて袋麺を入れて麺をほぐしながら茹でること3分、誰もができる間違えようのないインスタント麺の作り方ですよね

一方で東洋水産の作り方は沸騰させたお湯に袋麺を入れるところまでは一緒なのですが「1分間は麺に触らないようにする」のがポイントでした

そして1分経ったら1回だけひっくり返すだけ!麺をほぐしたりはしないのです

茹で時間の3分が経って丼に入れるときに3回ほど麺を軽くほぐしたら完成です。極力 麺に触れないのが重要になるんですね

 

一般的な作り方と東洋水産お勧めの麺に触れないようにする作り方、番組ではそれぞれの茹で方で作った麺を食べ比べをしていました

麺のツルツル感は食べてみればハッキリとわかるほど東洋水産お勧めの作り方が優っていました

 

・【麺を茹でる時に麺を触らないほうが美味しく作れる理由】

 

東洋水産の社員の方は麺を茹でる時に麺に触らないほうが良い理由を次のように解説していました

マルちゃん正麺の1番の魅力はなめらかな生麺風の食感、その食感の秘密は麺に含まれているデンプンが麺を茹でることでのり状にすることから生麺のような食感になります

しかし茹でる時に麺を触りすぎるとのり状のデンプンが剥がれてしまい1番の魅力である生麺のような食感が損なわれてしまうとのことでした

 

 

【まとめ】

 

 

マルちゃん正麺を美味しく作る秘訣はなるべく麺をほぐさずにデンプンを取れないようにするという情報でした

固まっている麺をほぐした方が美味しくなりそうな気がしていたんですが間違いだったんですね

マルちゃん正麺だけでなく生麺のような食感を売りにしている袋麺には今回の情報は使えそうです、ぜひお試しを!

 

マルちゃん正麺醤油味 5P×6個
東洋水産 (2011-11-07)
売り上げランキング: 4,885