読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【この差って何ですか?】タケノコの生産量日本一の街で食べられる絶品タケノコ料理!タケノコバーガーなど

この差って何ですか?

2016年4月17日に放送の「この差って何ですか?」にて

タケノコの日本一の生産地である福岡県八女市で美味しいタケノコ料理について紹介していました

f:id:shigotogirai:20160418211040j:plain

日本一の生産地ではその食べ物の美味しい料理を知っているはず!というわけで番組ではご当地で美味しく食べられている料理方法を調査していました

今回番組が調査したのは「タケノコ」です

日本のタケノコの生産量の約40%を占める福岡県。中でも福岡県の八女市は日本一の生産量を誇ります

 

一般的に食べられるタケノコ料理は

1位 タケノコの煮付け

2位 タケノコご飯

3位 チンジャオロース

 

福岡県の八女市で食べられるタケノコ料理は

1位 タケノコの煮付け

2位 タケノコご飯

3位 タケノコの天ぷら

 

3位だけが違うだけで基本的に料理は一緒の方です。しかし日本一のタケノコの生産地である福岡県八女市では作り方が全然違っていて大きな差があったのです

 

【皮まで美味しいタケノコの煮付け】

 

【材料】
・たけのこ 1本(中位の大きさ 正味350g程度)
・水  4カップ
・いりこ  10g
・昆布だし顆粒  小さじ1/3
・醤油  大さじ2弱
・薄口醤油  大さじ2弱
・さとう  大さじ2
・さけ  大さじ3
・みりん  大さじ3

・鷹の爪 適量

 

【作り方】
① タケノコの穂先を切って鍋に入れて落し蓋をして約45分下茹でをする

一般的には米ぬかでアク抜きをするのですが福岡県八女市ではタカの爪を入れていました

 

② 鍋からタケノコを取り出し外側の皮をむいて内側の皮である姫皮は残す

内側の皮は柔らかく甘みがあるので捨てないそうです
根本の部分は固いので繊維を断ち切るように横に切ります
穂先の部分は柔らかいので繊維に沿って縦に切ります


③ いりこを鍋で乾煎りする


④ ③にタケノコを入れて水、砂糖、酒、みりん、昆布だしを加えて濃口醤油と薄口醤油を入れる

濃口醤油と薄口醤油を半分ずつにするのは薄口だけだと塩っぽい、濃口だけだと濃すぎるというのをなくすためです


⑤ 落とし蓋をして約30分ほど煮込む
※煮汁が半分以下になったら火をとめる目安
※火からおろし 一度冷ますと味がしみ込みます

 

芸能人たちはタケノコの煮付けを食べて

「一口食べただけでわかる、味がしみてジュワーッとしてる」

「いりこの出汁の香りがしてタケノコにあっていて美味しい」

との感想でした

 

 

 【タケノコの煮付けが余ったらタケノコの天ぷらに!】

 

 

タケノコの煮付けは美味しいのですが毎日食べるとさすがに飽きてしまいますよね

そこで福岡県八女市の人は余ったタケノコの煮付けを天ぷらにアレンジ料理をしていました

 

【材料】
・タケノコの煮つけ 適量
・天ぷら粉 50g
・冷水 80ml

【作り方】
① 天ぷら粉に冷水を入れ混ぜる
② 180℃の油でさっとタケノコの煮付けを揚げる

 

タケノコの煮付けを揚げたので味が染みていてカボチャの天ぷらくらい甘いそうです

 

 

【ご飯と一緒に炊き込まない福岡県八女市のタケノコご飯】

 

 

【材料】
・たけのこ 穂先部分 250g
・米 3合
・人参1本
・南関揚げ(普通の油揚げでも代用OK) 1枚
・水 1カップ
・酒 大さじ3
・みりん 大さじ3
・砂糖 大さじ1
・しょうゆ 大さじ3と1/2

・焼き明太子 適量

・にんにくの醤油漬け 適量



【作り方】
① ご飯を普通より水加減を少な目に炊く

一般のタケノコご飯はタケノコとご飯を一緒に炊飯器で炊きますがご飯だけを先に炊きます


② 下茹でしたタケノコの穂先の部分だけを切って、人参も細かく切っていく


③ タケノコと人参をフライパンで炒める


④ 酒、みりん、醤油、砂糖、水を入れた後に南関揚げを入れる

南関揚げ(なんかんあげ)とは熊本県の名産の2度上げした油揚げです。2度揚げすることで豆腐の水分を少なくしているのでサクッとした食感をあじわえます

 

⑤ 弱めの中火で水気がなくなるまで約20分ほど煮る


⑥ 炊き上がった白ごはんに⑤を入れて混ぜる

タケノコにしっかり味が付いているのでタケノコとご飯を一緒に炊き込む必要はないとのこと


⑥ 焼き明太子、にんにくの醤油漬けを入れて混ぜる
※にんにくの醤油漬けは、醤油、みりん、氷砂糖で生のにんにくを漬けたもので福岡県八女市の周辺の地域ではいろんな料理に使われるとのこと

 

 

【子供達に大人気のタケノコバーガー】

 

 

【材料】
・種用 たけのこ穂先 1/4本(80g)
・合いびき肉 200g
・卵 1/2個
・パン粉 1/2カップ
・塩 小さじ1/4
・胡椒
・サンド用 たけのこ5ミリスライス 14枚
・ケチャップ 大さじ3
・オイスターソース 小さじ1
・サラダオイル

 


【作り方】


① 茹でたたけのこの 1cm弱角に切る


② ひき肉に 卵・パン粉・塩・胡椒をいれよく混ぜる


③ 切ったたけのこに小麦粉を少々まぶしひき肉に混ぜる


④ 7等分し丸め フライパンにサラダオイルをいれて 片面を5分ずつハンバーグの要領で焼く


⑤ 最後にケチャップ・オイスターソースで味付けをする


⑥ フライパンでサンド用たけのこをサラダオイルで両面を5分ほど焼く


⑦ 焼いたサンド用たけのこ2枚の間にハンバーグを挟む

 

タケノコ入りのハンバーグをタケノコで挟んで食べるというアイデア料理です。タケノコの食感がたまらなく美味しいそうです

 

以上が福岡県の八女市で食べられるタケノコ料理でした

特の評価が高かったのがタケノコバーガーでした、子供も美味しく食べられるということでぜひ食べてみたいですね