読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

集合写真をスマホで撮影すると端の人が太って見えてしまうのを防ぐ撮影方法【林先生が驚く初耳学】

2016年10月16日に放送の「林先生が驚く初耳学」にて

 集合写真をスマホで撮影すると端の人が太って見える悲劇、その悲劇を解決できるスマホでの写真の撮り方について紹介していました

 

 

 

大勢で撮影した時に端っこにいた自分が明らかに太って見える!そんな経験はありませんか?

プロカメラマンによると最近のスマホは使い方を間違えると端にいる人が伸びて太って見えることがあるそうです

これは最新のスマホやデジカメで起きやすい現象。広角レンズを使っているので普通の人の目が見える範囲よりも広い範囲が写るんです

 

広角レンズは便利な一面、近くを移すと外側が拡大されてしまいます

そのため端の人は約2割も太って見えてしまうという悲劇が起こるんです

 

では写真を撮る時は端に行かないようにすればいいのか・・・でも集合写真でそんなこと言ってられないよなーとお悩みの方に朗報です

端だと太って見えてしまう悲劇は簡単に克服をすることが出来るんです

林先生も知らないスマホのカメラでも端の人の顔が太って見えなくなる方法を紹介します

 

 

写真を撮る時に少しの工夫で端の人が太って見える悲劇を防げる

 

 

実際のその裏技を使って撮影して比べてみると、誰が見てもはっきりとわかるくらい劇的に顔が細く改善されていました

この方法は人物とカメラの距離がポイントとなります

 

 

レンズの歪み改善方法

 

 

  1. 人物とカメラの距離を離す
  2. カメラのズーム機能を使って撮影する

 

 

たったこれだけです

離れてズームを使って撮影すればスマホのカメラにありがちな広角レンズの歪みで顔が太って見える悲劇を防ぐことが出来るんですね

 

注意するポイントは画面の中心から端まで60%の枠内に人物を入れること

番組では出演者たちが実際に集合写真で今回の裏技を試して、その効果を実感していました

 

撮影する時に少し画質は劣ってしまう事もありますが、最近の画質の補正アプリで修正すれば簡単に美しい仕上がりになるんです

ぜひお試しください