読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

オシャレなふんどしがブームに?女性もハマるふんどしの魅力が新ビジネスに!

マツコ有吉の怒り新党

4月24日放送のテレビ朝日「お願い!ランキング!」で

 

新ビジネスのをもし買収するならいくら出すかを検証する企画ビジネスジャッジをやっていました

 


今回紹介された新規ビジネスはオシャレふんどし


ふんどしといえば古いイメージで利用する人なんていないと思いきや


最近では大手百貨店でも販売コーナーが設けられていたり


本の付録としてふんどしが使われていたりとブームになっているそうです


日本古来のふんどしをオシャレにした画期的な新ビジネスを


堀江貴文はもし買収するとしたらいくら出すのでしょうか?

 

 

 

ふんどしでビジネスを始めようとしたきっかけ

 

 

 

 

 

 

新ビジネスをプレゼンしてくれるのは有限会社プラスチャーミングの中川さん


創業2011年11月 資本金300万円 年商2000万円 従業員数1人の個人経営の会社です

 


元々サラリーマンをやっていた中川さんが知り合いに勧められてふんどしを使用したところ


「こんなにも快適なものが世の中に広まっていない方がおかしい」と強い使命感を感じて


会社を辞めてふんどし1本で勝負しようと決意したそうです

 

古来からあるふんどしを現代風にアレンジした「しゃれふん」を世の中に出そうと頑張ってるそう

 

 

 

 

 

 

 


新ビジネス「しゃれふん」のポイント

 

 

 

 

 

 

ふんどしは通気性や肌触りがよくゴムの締め付け感がないのが特徴


普段の生活ではパンツを着用してても良いのですが寝るときやリラックスをしたい時は


体を締め付けないふんどしを勧めたいそうです

 

パンツと競合するのではなく、パンツと共存していきたいと中川さんは意気込んでいます

 

 

 

 


値段は1980円から3480円とパンツと比べると高価格


販売しているのは男性用と女性用があるのですが売れ行きが良いのは女性用の紐パンタイプだそうです


ハローキティともコラボして女性にも浸透しやすいデザインになっていました


男性用はいかにもふんどし!って感じでしたが女性用のはかなりオシャレで買い求めやすいイメージです

 

 

 

 

 


堀江貴文がふんどしを着用してみてビジネスにアドバイス

 

 

 

 

 

 

実際に着用してみての鑑定人の感想としては


・普段と違うので寝つきにくい


・ふんどしを履いていたら女性は引くんじゃないか?


と印象はあまり良くないようでした


朝起きて会社や学校に行くときに下着を着替えなおすのもめんどくさそうですね

 

 

 


堀江貴文の提案としては

 


・安い商品はつくらない


・付加価値を付け高級ふんどしを販売

 

 


知名度が上がるまでは安く売らずに高級路線で販売したほうが良いとの事


薄利多売が見込めないのであればそのほうが良さそうですね

 

 

 

 

 

 


2月14日はふんどしの日?バレンタインデーに代わるブームになるか?

 

 

 

 


2月14日で214はふんどしとも読めるとのことでふんどしの日として売り出したい模様

 


ふんどしなんか売れないだろうと自分は思ってましたが未来は明るそうで


小田急百貨店は2月14日に「ふんどしの日フェア」を開催


チョコレートを販売するスペースにふんどしを置いたところ3週間で450万円を売り上げたのです!

 

 


ただチョコを渡すのでは芸がないということでチョコとふんどしを渡す・・・


それによって「何でふんどし?」とコミュニケーションを取れるのもいいですね

 

 

 

 

 

もし買収するならいくら出す?注目の最終ジャッジ!

 

 

 


プレゼンを終えて最終ジャッジに入ります


新ビジネスを買収するとしたらいくら出すかを堀江貴文が発表


参考基準として現在の年商より上か下かで判断


現在のプラスチャーミングの年商が2000万円ですの2000万が基準となります

 

 

 

堀江貴文が掲示した金額は・・・・・2000万円と今の年商と同じ価格でした

 

 

 

 

・競合が少ないので成長の余地がある


堀江  「市場規模が小さいので10倍とか20倍なら成長できるんで、2000万なら余裕で回収できる」

 

 


堀江貴文のプランとしては


国技館でまわし風のふんどしを作れば外国人観光客は喜んで買うのではというもの


ふんどしというSNSで広まりやすいネタというのも考えて本当にやり方次第だと語っていました

 

 

 

SNSなどで話題となり世界のどこかで火が付いたら・・・それはもう何百億の市場になりそうです


芸能人なども愛用していてブレイクする火種はたくさんあるふんどしビジネス


東京オリンピックもあることですし日本のふんどしが世界中にブームを起こす日も近いかも?