読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

金額以上の価値があるプレミア硬貨、お札の種類を解説!【この差って何ですか?】

この差って何ですか?

2016年10月18日に放送の「この差って何ですか?」にて

金額以上の価値があるプレミア硬貨、お札!最大で400倍の価値がでるお金の見極め方を紹介していました

 

 

 


実は普段私達が使っているお金の中には発行枚数が少ないという理由で金額以上の価値があるプレミア硬貨があります

そこで今回はプレミア硬貨について番組では詳しく解説していました

お財布から硬貨を出してチェックしてみてください

 

 

最大で400倍の価値があるプレミア硬貨の数々!

 

 


まずは金額の3倍の価値のある100円玉を紹介します

それが造られた年は平成13年!この年の100円玉は300円の価値があるのです

 


続いて10円玉、10倍の100円の価値がある10円玉があるんです

それが造られた年は昭和33年です

この10円玉は縁にギザギザがある通称ギザ10と呼ばれているもので100円の価値があります

昭和33年よりもぎざぎざの10円玉は価値があると覚えておきましょう

 



ここからはさらに価値が跳ね上がります

50円玉が80倍の4000円の価値があるというのです

それが造られた年は昭和62年!この年の50円玉は4000円の価値があります

 

最後はさらにすごいプレミアの5円玉、400倍の2000円価値がある5円玉が4つもあるんです

当たる確率が上がりますよ

それが造られた年は平成22年、平成23年、平成24年、平成25年です

この4年間に造られた5円玉は2000円の価値があります

平成22~25年と続いてるので覚えやすいですね

 

 

続いて硬貨ではなくプレミア紙幣について紹介します

 

 

 

プレミア紙幣

 

 


お札には造られた年が書いていないので製造番号をみます

 


まずは2倍の2000円の価値があるプレミア1000円札から

製造番号のアルファベットの間に6桁の数字が並んでいるのですが、2000円の価値がある1000円札は中の数字は関係なく両端にどんなアルファベットが書かれているかが重要になります

 

さらにこのアルファベットは左側が1文字のものと2文字のものがあるのですが
、価値があるのは左側が1文字のものだけ

ではどんなアルファベットなのかというと実は2つあります

まずは両端がAになっている1000円札は2000円の価値があります

さらに両端がZになっている1000円札も2000円の価値があります

両端のアルファベットが1文字ずつで両方ともAとZで揃っていたらいいんですね

 

 

続いては10倍の1万円の価値があるプレミア1000円札を紹介します

今度は両端のアルファベットは関係なく中の数字だけが重要になります

中の数字が「000001」このようになっている1000円札は1万円の価値があります

 


続いては何と30倍の3万円の価値があるプレミア1000円札です

製造番号は中の数字が重要になります

数字は3つ

まずは「111111」とすべての数字が1になっている1のゾロ目

続いて「777777」とすべての数字が7になっている7のゾロ目

最後は「888888」と8のゾロ目です

 

この3つのゾロ目の1000円札は3万円の価値があります

 

それ以外の23456のゾロ目は半額の1万5千円の価値があるとのことでした

 

少し暇があったら財布の中を調べたり、おつりをもらう時にちょっと調べたりすると意外にプラミアな硬貨、お札が出てくるかもしれませんね