読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

フルーツポンチ村上が亘に言ってきた言動がひどすぎる・・・

しくじり先生

2015年3月5日放送のテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!」(毎週木曜0:15〜)にて


フルーツポンチが不仲で解散の危機をむかえた話をしてました


フルポン村上の腹立たしい言動に現場がドン引き!




フルーツポンチが不仲になったきっかけ




吉本のNSC養成所で知り合った亘と村上の2人


元々はお互いピン芸人として活動してたのですが、仲が良かった事もありコンビ結成


フルーツポンチとして活動していく中で不仲になっていくポイントがいくつかあったそうです





原因? コンビは仲が悪い雰囲気を出したほうがカッコイイ





村上  「普段喋らないのに舞台に立ったら急にお互いの事を喋りだすのがカッコイイ」



憧れであえて空気を悪くしていた「ごっこ」が「本気」に変わっていったそうです


村上が亘にきつくあたる事が多くなり亘は1人で海を見に行くくらい落ち込んでいったそう(笑)









原因?  ネタを作っている方が絶対偉いという上下関係の強調




毎週のように新ネタを作っていた村上


ネタの初おろしがテレビということが頻繁になってきた状況でストレスが物凄かったとか


その事がフルーツポンチが史上初の喧嘩につながります






テレビの収録から劇場に移動し、劇場から本社に打ち合わせに向かうときのこと


収録でお弁当が出たのですが食べる時間がなかったということで


亘が劇場まで紙袋に弁当を入れて持っていたのですが、劇場で弁当を村上に渡した時に事件は起きます






村上  「悪い。ここで食べないから本社まで持ってて」


亘   「何で俺がお前の分まで持たなきゃいけねーんだよ」


村上  「全部平等でいたいならネタ書いてこい!」


亘   「俺はお前の雑用じゃねぇ!」




ネタを書いてるほうが偉いという意見はわかりますが、弁当を持つ持たないで


ネタのことを出すのがフルポンの村上っぽいですねw


村上も自分がネタを書いている時にコンパしたり睡眠をとったりしてるのが気に食わなかったそうです


自分がネタを書いてもらってると感謝してたら弁当くらい持ってくのは不思議ではないですが


それを相方に強制的に言われたらカチンときちゃいますね








止まらない村上の最悪の発言集





フルーツポンチの喧嘩のしくじりは「とことんまで衝突しなかった」ことだと2人は語ってました


一方的に村上が責め立てて亘は黙って聞き流すだけになっていったそう


亘に説教することでお笑いのレベルが上がっていると勘違いしてしまってた村上の驚愕の発言をご覧下さい






レッドカーペットが放送終了して打ち上げで亘を含めて出演者が泣いてる時に亘に対して


「お前 泣くほど頑張ってねぇだろ」



この他にも



「認めようよ。楽して金稼ぎたいだけだろ?」



「酒がうまいと思ったことある?頑張ってないのに」



「ギャラおごってんだから「ごちそうさま」って言ってよ」



最後のギャラを奢るというのは何もしてないのにギャラが折半だという事に対しての皮肉ですね


当時を振り返って村上も言いすぎたと今では反省してる模様


こんな酷いことを言われてもずっと黙って耐えてた亘


ところがある事件がおきます









亘の逆襲 ノド輪事件





スタッフも交えながら居酒屋でフルーツポンチが飲んでいた時のこと


最近、フルーツポンチが会話をしてないからと話す機会を作ってもらったのですが


話しているうちに村上にスイッチが入ってきて




「お前は俺の幸せな家来だと思え」



これにはさすがに亘も大激怒。「うるせーーーコラッ!!」と村上にノド輪をします


いろんな葛藤があった亘ですが何もかも関係なくなって、最後に出たのがノド輪だったそう






これを気に村上は10年近く亘に言い続けていたのを反省


何かを伝えるときには言い方が大事で少し直すことを心がける事に



「〜しろよ」⇒「〜してくれたら嬉しいな」


「1日1回話しかけてこい」⇒「つまらない事でも話そうよ」


「何回噛んだら気が済むの?」⇒「言いにくかったら言い換えていいよ?」




ノド輪1発でここまで人は変わるんですねw


生意気だった人間が先輩にシメられた後のように村上は変わったんです


行き着くところまでいって「おはよう」「ごめんね」「ありがとう」をちゃんと伝えるようになったとか









自分にとって唯一の味方は相方だけ




村上が厳しい口調で追い込んで解散する寸前だったフルーツポンチ


今では楽屋でも普通に話し合うほどに復縁


ネタ終わりでも


村上 「さっきのネタのあの部分よかったよ」


なんて言いながらネタの善し悪しを話せるようになったり


プライベートで一緒に遊びに行くまで親しくなったそう






番組の最後には村上が亘へ感謝のメッセージ



村上  「今まで酷いこと言ってきたけど、お前がいたから10年間やってこれた」


     「こんな酷い俺と10年間も一緒にいてくれてありがとう。これからもよろしくお願いします」


亘も「こちらこそよろしくお願いします」と応対して2人で熱い抱擁をしてました






フルーツポンチのしくじり



?あえて仲が悪い空気にしていた


?喧嘩の時に衝突しなかった


?言葉にトゲがありすぎた



このことからフルーツポンチが教えてくれた教訓は


衝突を恐れずに相手とぶつかり会おうでした