読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

【ハナタカ優越館】日本人の3割しか知らない空き巣の雑学!「空き巣被害にあったら確定申告」などの豆知識

日本人の3割しか知らないこと

12月20日に放送の「ハナタカ優越館 日本人の3割しか知らないこと」にて

 

 

日本人の3割しか知らない空き巣に関する知識、予防方法について紹介していました

 

 

 

f:id:shigotogirai:20151227210520j:plain

 

 

年末などの大型連休に増える空き巣被害

 

 

何をどうすれば少しでも被害を食い止められるのかを番組では紹介していました

 

 

「空き巣に狙われやすい家、時間帯」「空き巣被害にあった時の対処法」など空き巣に関する雑学は知っておいて損はなしです!

 

 

 

 

【塀が高い家の方が空き巣に狙われやすい】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塀が高いとよじ登るのが大変なので泥棒は入りにくいと思ってしまいますが、実は塀の高い家の方が泥棒が入りやすいんです

 

 

空き巣はほとんどの場合、家の門扉から堂々と侵入するそうです

 

 

入ったら高い塀は逆効果で外からの視界を遮ってくれるので空き巣はやりやすく狙いやすいんですね

 

 

ちなみに防犯には1.2~1.4mほどの塀の高さが最適とのことでした

 

 

 

 

 

 

 

 


【マンションは3階が1番空き巣被害にあいやすい理由】

 

 

 

 

 

 

 


マンションの空き巣被害の多くは鍵をかけていない窓からの侵入が多いそうです

 

 

1階や2階は鍵をかけている家も多いのですが、マンションの階数が上に行くほど油断してしまう可能性が高まるとのこと

 

 

雨どいやパイプから登れる3階は鍵がかかっていない部屋が多いことも加わって狙われやすいとのことでした

 

 

 

 

 

 

 

 


【空き巣が多い時間帯は夜ではなくあの時間帯!】

 

 

 

 

 

 

 

 

空き巣といえば夜中にこっそりと入るイメージですが実は空き巣が入りやすい時間帯は午前10時~昼12時の2時間なんです

 

 

これは主婦が家事を終わらせる時間が午前10時~12時が多く、外出する用事を済ますのに出かける時間だからとのこと

 

 

空き巣はその時間帯に的を絞って外出を確認してから泥棒に入るんですね

 

 

 

 

 

 

 


【お金やモノを盗まれたら忘れずにすること】

 

 

 

 

 

 

 


空き巣にはいられた場合、犯人が捕まるか保険に入っていなければ何も戻ってこないと思いますが、あることをすれば盗まれたお金やモノを少しだけ取り戻すことが出来るそうです

 

 

その方法とは「確定申告」 具体的には被害にあった金額から所得の10%を引いた金額が控除出来るとのことでした

 

 


年収が500万円の過程で被害金額が100万円の場合は約11万円の税金の減額の見込みがあるそうですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【空き巣が犯行を諦める理由トップ3】

 

 

 

 

 

 

 

 

諦める理由3位は防犯カメラなどのセキュリティシステム

 

 

そして2位は補助錠などで窓を開けるのに時間がかかる場合

 

 

 

 

輝く第1位は声をかけられることでした。自宅の住人はもちろん地域住民にも顔を見られて挨拶などをされたら犯行を諦めるそうです

 

 

自分がどこかへ外出する時に普段見かけない人を見かけたら簡単に挨拶をすることで防犯対策になるとのことでした

 

 

学校でも地域でも声掛けをして防犯対策というのが有名ですが効果は確かにあるんですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【まとめ】

 

 

 

 

 

 

 

 


日本人の3割しか知らない空き巣被害を防ぐ方法についての様々な雑学いかがでしたか?

 

 

犯罪が増える年末、他人事だとは思わずにしっかりと犯罪予防を意識して対策していきたいですね

 

 

自宅の防犯に対する意識を高めて地域住民と協力して知らない人にも挨拶などをしていきたいと思いました