読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの虜

テレビを見て気になったニュースや情報を毎日書いてます

スポンサードリンク

好きな事と得意な事のどちらを仕事にするか・・・マツコと有吉の実体験から考える

マツコ有吉の怒り新党

2015年3月25日放送のテレビ朝日マツコ&有吉の怒り新党」(毎週水曜23:15〜)にて


好きな事と得意な事、どちらを仕事にするかについてマツコと有吉が語っていました




大学生 (21)女性




私は今まで自分の好きなものが得意になった事がありません


人よりも努力して練習や勉強をしても後から追い抜かれて悲しくなります


逆に嫌いなものの評価が高いことが多く素直に喜べません


これから就活しなければならないのですが


好きな世界で生計を立てるか得意な世界で生計を立てるか・・・


どちらに進んでいけば良いのかわかりません




好きなことも仕事でしているとつまらなくなる?







有吉   「どっちみちつまんなくなってくるからね。だったら得意な方がいいかもね」


マツコ  「でも得意だと思ってることが辛くなってくるのは後々しんどくならない?」


      「だったらもう嫌々やりながら少しでも好きな部分を見つけたほうが・・・いやぁわかんないねー」


有吉   「一番はもう飯食えるのが一番だよ」


マツコ   「ありがたいありがたい。本当にそう」








好きなことを仕事にするかどうかは誰もが悩む道ですね


それこそ生活が出来るだけの稼ぎがあればいいですが、実際には稼げない人も多くいます


食べていけないことをやるのは反対ですが好きか得意な事のどっちでも生活ができるのであれば


好きなことをしたほうが後悔はないと思うんですけどね


仕事でずっとやっていたら好きなことが嫌いになる・・・これもよくあるパターン


それなら嫌いでも自分が得意なことをするのも悪くはありません


どっちが正解でもないしどっちも正解のような難しい話ですね








マツコと有吉は好きな仕事と得意な仕事どっちを選んだ?







夏目   「お二人はどうですか?元々好きだから始めたという事はありますか?」


マツコ  「私はもう流れ着いたからね・・・だらか逆に自分で決めない方がいいと思うけどね」


     「まぁ最初は自分で決めなくてはいけないけど、人に勧められた事やった連続が今の自分よ」


     「好きとか嫌いじゃなく人に言われたことを頑張ってやるだけよ。仕事ってそれだけよ」




夏目   「有吉さんは元々好きでお笑いの世界に入られたんですよね?」


有吉   「元々は好きだし得意だと思ってお笑い始めたけど全然違ったよね」


     「今は別に好きでもねーし得意でもねーし」


夏目    「そんなそんなー(笑)」


マツコ   「アハハハハ(笑)でもねー本当にそうなのよー」







マツコは引きこもりで親に見捨てられたら生活できないからとライターの仕事をしたという記憶があります


追い詰められてから本当に自分がやりたことが見つかるものなのかもしれませんね


有吉の芸人は得意でも好きでもないって発言は照れ隠しのようですw


好きじゃなきゃ続けられないし得意でなくてはこんなにテレビに出続けられるほど売れていませんから








ずっと芸人だけやってきた有吉と色々な仕事に手を出してきたマツコの結果






夏目   「好きな事か得意な事どちらかを選ばなくてはいけない時にお二人はどうなさいますか?」



有吉   「それは好きなことやるんじゃない?」


マツコ  「私は得意なものかな?だからもう出てるじゃん人生に」


     「なんやかんや言ったって20年以上芸人さんを貫いてきたわけじゃん?」


     「私は結構 声がかかったところにいくってやり方をやってきたから・・・・」


     「それで今は2人とも大体同じようなことしてるんだからどっちだっていいのよ、そんなこと」


有吉  「うんうん、そういうこと」







マニフェストは不採用でした


好きなことか得意なことのどちらを選ぶのが正解かという難しい問題


好きなことをしても得意なことをしても結果は一緒になるんじゃないかと結論付けられました


これはマツコも有吉も最終的には成功してるから言えることではないかと思います


好きなことを選んで失敗したら後悔するし、得意なことで失敗なんかしたもんだったら辛いですよね


正解はないのが正解としか言いようがありません。選んだ道でひたすら頑張るのみですね